平成30年度の郷土史講座

「これまでのイベント報告」に戻る
「平成29年度の井戸端会議」はこちら
「平成29年度の郷土史講座」はこちら

平成30年度図書館「郷土史」講座
  第1回「三田絵図で知る陣屋・城下町」

平成30年度「郷土史講座」が始まりました。今年度もよろしくお願いします。
今回は第一回目、「三田絵図で知る陣屋・城下町」でした。
寛永十年、鳥羽より三田に入部した九鬼久隆は、外様大名だったために幕府より城を持つことを許されず天守閣の建築もかないませんでしたが、 中世有馬氏の平山城を中心にその周辺を陣屋づくりに整えていきます。 天守閣の代わりとして、防御や物見などの役目を果たす二十櫓を建てたり、 大池を深くし堀をめぐらしたりし、 また十丁町という町づくりを行い城下町を近代的な町並みに変えていきました。 陣屋周辺の絵図など貴重な資料の解説をしていただきながら、 治水対策や消防団の結成、天満神社や三田焼の発展など、 当時の三田の産業や文化についても色々とお話していただき、とても勉強になりました。

次回の講座は、「三田藩主九鬼家菩提寺清涼山心月院 抜き文字写経の解説と実践」です。
たくさんのご参加お待ちしています。

2018年4月18日 三田市立図書館2階コミュニティホール